円高・円安とは?

相対的なお金の強さ

簡潔に言えば、円が他の通貨に対して強くなっているのか、弱くなっているのかを示す基準です。

例えば、
1ドル=120円が
1ドル=100円になったとしたら、「円高になった」ということになります。

ザッキー
数字が減ったのに円高?
ヤマさん
うむ、そこがややこしいのじゃが、次のように考えると簡単なのじゃ。

1ドルを買うのに何円必要?

円高とは、円安とは わかりやすく
これまで「100円玉1枚と10円玉2枚」で1ドルを買うことが出来ました。

ところが、円の価値が上がって「100円玉1枚」で買えるようになりました。

つまり、ドルの値下げです。

これを円高・ドル安といいます。

反対に、1ドル=80円が
1ドル=100円になったら円安ドル高が進んだということになります。

外国為替のニュースを見聞きしていると、この為替レートは常にアップダウンしていることがわかります。

為替レートは様々な要因で、円安になったり円高になったりを繰り返しているのです。

そして、そこには利益を得るチャンスが潜んでいます。

それがFXトレードです。

為替レートはなぜ動くの?

お金の価値は需給バランスで変化する

外国為替のレートはコンマ数秒レベルで常に変動しています。

このような値動きがあるからこそ、FX(外国為替証拠金取引)のような外貨建て金融商品でキャピタルゲインを狙うことができます。

ザッキー
為替レートがアップダウンするのはなんで? 円高や円安の原因って何なの?
ヤマさん
ひとことで言えば、どの外貨をどれくらい欲しいかの力関係。つまり受給バランスが働くからなのじゃ。

キャピタルゲイン

値上がり益のこと。

株式や為替など、価格が変動する商品を取引する場合、安く買って高く売ることによって差額を得ることができます。

その差額をキャピタルゲインと呼びます。

反対に、購入時の価格より下がった場合は「キャピタルロス」と表現されます。

また、株式の配当収入や債券の金利収入については「インカムゲイン」と表現されます。

為替レートの先読みで利益を出せるFX

例えば「日本円が欲しい」という勢力が強まると、日本円の価値は上がって、円高が進行します。
反対に「日本円よりも米ドルが欲しい」という勢力が強まると、ドル高・円安となります。

FXでは、欲しい通貨を買うこと=持っている通貨を売ることでもあります。

この結果、為替レートはアップダウンします。

私たちFXのトレーダーは、為替レートの先行きを読んで利益を生み出します。

この需給バランスの変化傾向を把握する必要があります。

市場参加者の関心事を把握しよう

需給バランスはさまざまな要因で変化します。

国の経済力

基本的に市場参加者は経済力が強い国の通貨を買いたいと思っています。

日本に比べてアメリカが明らかに好景気であれば、円を売って米ドルを買われるでしょう。

各国政策金利

また、その他にも大きな影響を与えるのが金利。

1ドル=100円として、
1億円を1年間持っても金利で1万円しかもらえないとき、同価値の100万ドルを1年間持ったら5000ドル(50万円相当)もらえるとしたら、ドルで持った方が得となります。

ザッキー
そんなの金利が高い国のお金持った方が絶対得じゃん!
ヤマさん
そうとも限らないのじゃ。基本的に、高金利を提供している国はお金を集めたい国。情勢が不安定でハイリスクなことも多いのじゃ。
ザッキー
む、むずかしい……

金利差

お金は常に、より高い収益を求めて世界中を飛び交っています。

国によって金利水準に差がある場合、金利水準がより高い国の通貨が買われる傾向にあります。

しかし、為替レートは政治的要因や突発的なテロ、自然災害なども反映して作られます。

戦争中の国が金利を上げてもお金が集まりにくいのは想像しやすいかと思います。

このように、金利差だけを見ているとキャピタルロスが発生してします。

金利差も大きな要因の一つではありますが、お金を預けておく安心感や信頼感といった、人間の精神的な要因によっても変化します。

外国為替市場では、マーケットが関心を示す指標も常に変化しています。

上に挙げた2つはその一角にすぎません。

いま外国為替取引に参加している人たちが何に関心を持っているのかを把握し、いち早く情報を得ることができれば、相場の先を読むことができるでしょう。

FXは情報戦

常に情報収集することが重要

以上のように、為替レートはさまざまな要因で変動します。

FXをギャンブルととらえてスキャルピングを繰り返すならば話は別ですが、正攻法で利益を上げるには上手く情報収集することが何よりも大事です。

国内外のニュースに常に目を光らせ、大きな流れと小さな流れをそれぞれ掴む必要があります。

一人で情報収集するのはなかなか難しいようですが、FX会社ごとに経済ニュースやさまざまな最新指標を提供してくれるので、右も左もわからない初めのうちはFX会社のホームページから情報収集するのがおすすめです。

為替取引のプロと同じ環境で情報をゲットできるサイト

例えば、セントラル短資FXでは、口座を開設すればイギリスの大手通信社「ロイター」が発行している経済ニュースを無料で見ることが出来ます。

リアルタイムで最新のニュースが更新されるので、大きなニュースを取りこぼすことはまず無いでしょう。

特に、デイトレードやスイングトレードと言った短期~中長期的な投資を行う場合はこうした最新ニュースから得られるものは大きく、とても役に立つはずです。

専門家による週刊マーケット展望や映像コンテンツなども配信されているので、ニューヨーク市場や日本国内の経済状況も素早くキャッチすることができます。

また、ニュースよりもチャートの形を重視するスキャルピングトレーダー向けの取引ツールやテクニカル分析も豊富に取り揃えられています。

>>>セントラル短資FXの公式サイトはこちら

ザッキー
すっげーや!
ヤマさん
これだけ情報収集に備えておけば、プロのディーラーと同等の環境をお金をかけずに準備することが可能じゃな。