FXで失敗して…
非常に後悔している  後悔している  どちらでもない  続けたい  まだまだ続けたい

性別… 男性

年齢… 38歳

お持ちのFX口座… 外為どっとコム

FX口座開設の決め手となった情報源… 会社の尊敬する先輩がFXをしていたから

取引している通貨ペア… ユーロ/円、ユーロ/米ドル、ポンド/円など

参考にする指標・分析… 政策金利、株式市場、中央銀行の動向

参考にする情報源… FX会社のニュース

FX経験年数… 2年で終了

やめた理由… 損失が膨らみすぎたため

株がダメでFXに…

私がFXをはじめたきっかけは、会社の尊敬する先輩がFXをしていたからでした。私はそれまでお金持ちになる夢を思い描き、5年ほど株をやっていましたが、全然結果が出ず、35万円ほどの損失を出してやめました。

しかし、お金持ちになるという夢は諦め切れませんでした。そこに現れたのがFXでした。FXは株をやっているときから、存在は知っていたのですが、株の場合は、自社の株の価値を上げようと頑張っている人達の姿がありますが、FXの場合はそういったドラマがないので、まったく興味がありませんでいた。

バーチャルでは本気になれない!

尊敬する先輩がやっているし、とりあえずどんなものか試してみようかといった感じで、外為どっとコムのバーチャル取引をはじめました。しかし、いざバーチャルの取引をやってみると、まったく利益を上げることができませんでした。

私は、あくまでバーチャルなので、本気になれないと勝手に言い訳をして、バーチャルに見切りをつけて、外為どっとコムの会員登録を済ませ、資金15万円で実際の取引をスタートしました。

はじめは、何を頼りにしたらいいのか、わからなかったので、とりあえず勘で米ドル/円、ユーロ/円などを適当に売ったり買ったりしていました。適当にやっても勝率は1/2なので、大丈夫と言う勝手な安心感があったのですが、フタを開けてみると、1か月も経たないうちに5万円損していました。

はじめての強制ロスカット

このときはじめて、強制ロスカットを経験しました。「強制ロスカット」の存在を知らないまま、取引をした私がいけなかったのですが、朝起きてみると、3つあったはずのポジションすべてがないではありませんか…。そして資産の金額をみると、5万円減っているではありませんか…。

取引方法の変更から2度目の強制決済

資金が残り10万円になった時点で、取引の方法を変えました。実践した取引の方法とは、1通貨ペアの売りと買いのみを行うやり方です。(両建て取引です。)具体的には、まず、10pips間隔で相場が動いたタイミングで、売りと買いを同時に行います。そして、一定の利益が出た方のポジションのみを決済し、利益を確定させます。反対のポジションは含み損のまま塩漬けしておき、相場が逆転する機会を待ちます。その後、相場が逆転して、含み損のポジションが利益に変わったタイミングで利食いを行います。これがシナリオ通り行けば、含み損は膨らみますが、実際の損失(ロスカット)がないので、損失ゼロで利益を生むことができると思ってました。

私は、この両建て取引をするのに貯金していた250万円を資金に用意しました。そして、ポンド/円(1ポンド120円)で取引を開始しましたが、円安+イギリスの経済事情の好転により、1年後に1ポンド170円にまで暴騰しました。

私の両建て方法では、反対のポジション(この場合は、ポンド/円の売り)が山のように含み損となり、あっけなく217万円の含み損が発生し、相場が逆転しないまま、2度目の強制決済を受け、FXから退場しました。

ただ、FXをやって損はしましたが、後悔はしておりません。また、機会があれば、チャレンジしたいです。

FX会社の選び方

テレビCMでもお馴染み!楽しく続けるFX会社

お得なキャンペーンと楽しいイベントが盛りだくさん
ヒロセ通商 LIONFX

業界最多クラスの50種類の通貨ペアに対応しているので、FX上級者や外貨預金代わりの長期トレーダーには必須のFX口座となっています。

低コスト、高スワップ、通貨ペア対応、充実の情報提供サービス、専用のスマホアプリ完備など、非の打ち所がありません。

さらに、資金の少ないFX初心者に嬉しい1000通貨からの小規模取引に対応しているので、当サイトが推奨する「レバレッジワン活用」に最も適したFX会社でもあります。

新規口座開設のキャッシュバックだけではなく、取引高がぞろ目になると豪華な食品がもらえたり、賞金がかかったトレードバトルなど、お得なキャンペーンや楽しいイベントがここまで盛りだくさんなFX会社は他にはありません。

いま最も勢いのあるFX会社のひとつです。


詳しくはこちらをクリック!
>>ヒロセ通商 LIONFX 公式ページ