FXで失敗して…
非常に後悔している  後悔している  どちらでもない  続けたい  まだまだ続けたい

性別… 男性

年齢… 35歳

お持ちのFX口座… マネーパートナーズ

FX口座開設の決め手となった情報源… 企業のホームページ

取引している通貨ペア… ドル/円

参考にする指標・分析… ローソク足、ボリンジャーバンド、ダウ、原油価格、10年物米国債利回り

参考にする情報源… FX会社のホームページ、Yahooファイナンス

FX経験年数… 2ヶ月で終了

やめたしている理由… 資金を使い切ったから

損失額… 20万円

きっかけは、キャッシュバックキャンペーン

以前から100万円ほどの資金を元手に株取引をしていましたが、そちらが好調だったことと、為替相場も参考にしているうちにFXにも興味がわいてきたので、たまたま目にしたキャッシュバックキャンペーンをきっかけにマネーパートナーズで口座を開設しました。

資金は20万円を使い切るまで、と決め、とりあえず最初なのでドル円を選択、株取引と同じ手法で取引を開始しました。ファンダメンタルズは最初は原油価格などを見ていましたが、あまりドルの動きに連動していないように思われたので、ダウと米国債の10年もの利回りを中心にチェックしていました。

チャートは、ローソク足とボリンジャーバンドを基本に順張りで取引。大きく方向性が出たところでトレンドに乗り、15分足と30分足を基本にして利ざやを稼ぎました。

株との違いと自分ルール

株取引と違ってFXは24時間、且つ、ストップがないので、日をまたいでポジションを持ち越すのは危険すぎると判断しデイトレードのみに絞りました。また、主に米国の指標発表時は相場がどちらに跳ねるかわからず、損切りしようにも異常にスプレッドが広がるので、重要指標の前には必ずポジションは決済するようにしていました。

FXをはじめて感じたことは、株取引に比べて値動きが恐ろしく速いことです。まるでジェットコースターに乗っているような気分でトレンドがくるくると変わります。最初は損切り徹底のために20~30pips、もしくは、ボリンジャーバンドの中心線に接触した時点で損切りをしていましたが、騙しの上げ下げも多く、なかなか損益がプラスになりません。大負けはしないものの当初の資金20万円はじりじりと削られていきました。

プラスから徹底へ…

資金が15万を割ったあたりで過去のチャートを見直し、損切り貧乏になっていると判断。機械的なストップロスを入れるのをやめ、その場の値動きに合わせて損切りを判断する方向に転換しました。この方針をとってから騙しに引っかかっても値戻しで助かることが多くなり、損益は次第にプラス転換。最初の資金額20万円を超えて37万円まで2週間ほどで到達しました。

しかし、値が戻ることに味をしめ、損切りの代わりにナンピンをはじめたのが運の尽きでした。順張りしかしないと誓っていた当初のルールを破り、ナンピンで枚数を増やしたところに1日で1円近い下げに巻き込まれて損切りする機会を喪失。円安傾向だからとたかをくくっていたのですが、その後もじりじりと円高に振れて結局101円60銭でロスカット。20万円あった資金は5,000円ほどになり撤退と相成りました。

FXにはストップ安がないとわかっていながら、どうしても株取引のイメージが抜けず、損切りをはじめ当初のルールを徹底しなかったのが敗因です。FXは株よりもいっそうシステム的にトレードを行う必要性を感じましたが、それでは利益を上げるのが難しくなるというジレンマがあります。その分、研究しがいもあると感じたので今でもデモとにらめっこしながら研究を続けています。

FX会社の選び方

テレビCMでもお馴染み!楽しく続けるFX会社

お得なキャンペーンと楽しいイベントが盛りだくさん
ヒロセ通商 LIONFX

業界最多クラスの50種類の通貨ペアに対応しているので、FX上級者や外貨預金代わりの長期トレーダーには必須のFX口座となっています。

低コスト、高スワップ、通貨ペア対応、充実の情報提供サービス、専用のスマホアプリ完備など、非の打ち所がありません。

さらに、資金の少ないFX初心者に嬉しい1000通貨からの小規模取引に対応しているので、当サイトが推奨する「レバレッジワン活用」に最も適したFX会社でもあります。

新規口座開設のキャッシュバックだけではなく、取引高がぞろ目になると豪華な食品がもらえたり、賞金がかかったトレードバトルなど、お得なキャンペーンや楽しいイベントがここまで盛りだくさんなFX会社は他にはありません。

いま最も勢いのあるFX会社のひとつです。


詳しくはこちらをクリック!
>>ヒロセ通商 LIONFX 公式ページ