FXで失敗して…
非常に後悔している  後悔している  どちらでもない  続けたい  まだまだ続けたい

性別… 男性

年齢… 29歳

お持ちのFX口座… 松井証券

FX口座開設の決め手となった情報源… 松井証券で株取引をやっていてその流れからはじめました。

取引している通貨ペア… 米ドル/円

参考にする指標・分析… 移動平均線

参考にする情報源… チャートのみ

FX経験年数… 2年+継続中

継続している理由… 時間をかけて負けが少なくなっているから

損失額… 10万円

副業でのFXは時間が肝

私が体験した失敗は、移動平均線を利用したチャート重視の取引です。本来、FXをするときには経済指標や日経平均株価、世界の株価の状況を把握しなくてはいけないのですが、普通に日常生活を送っていると、そこに割ける時間がなかなかとれず、情報を入手することが難しくなります。

時間をかけずに利益を大きくするためには為替の情報を記録しているチャートを利用するしかないのですが、この分析が非常に大変です。私の場合は逆張りを利用した取引をしていますので、チャート上で底値を確認することができれば反発狙いで買いに入ります。

ずっと通貨を持っているのは不安になりますので、短期的なスイングで取引を行っていますが、25日線を利用した移動平均線はスイングには最適で結構な割合で底値を予測することができます。75日線も見るようにしていますが、短期的な相場では一気にそこまで下がる心配はありませんのでそれほど参考にはなりません。

失敗パターンはいつも同じ

このように、チャートの移動平均線を利用すれば、ある程度精度の高い取引をすることができるのですが、問題は売るタイミングなのです。私はいつもこの売るタイミングで失敗します。移動平均線は逆張りで非常に利用しやすいのですが、どれほどの利益で売れば良いのかがまったくわかりません。

一般的には15%から20%の利益が出れば売って利益を出すと言われていますが、素人の個人投資家がこれを真似すると確実に失敗します。私は何度も失敗しています。スイングの場合は、必要以上の円安を待っていると、より短期的なデイトレードの売りの圧力に押されてほとんどの場合で薄利になってしまうのです。私の感覚で言えば、現在の10%程度の利益が出れば高い確率でまた円高になってしまいます。

個人投資家のつらいところ

資金力の乏しい個人の投資家では一般的に言われている利益の確定方法を実践してもなかなか勝つことができません。そして、一度円安になって通貨価値がまた円高になるとトレンドが崩れてしまうため、移動平均線を使えなくなってしまうという悪循環も生まれます。

FXをやりはじめて1年くらいはこの繰り返しで何度も何度も利益が出ていたはずなのに薄利になってかなり悔しい思いをしました。ようやくほんの少しずつ利益を乗せることができるようになったのが最近で、それでもやはり大口の売買にやられてしまうことがあります。大口の資金力に負けないためには少ない底値の機会を拾って、自身の資金力と相談しながら少し早い段階で利益を確定させる必要があります。

私のような負けを経験したくない人は、チャートや情報の分析よりも、どの程度の利益が出たらそれを確定させるかをきちんと考えた方が良いでしょう。

FX会社の選び方

テレビCMでもお馴染み!楽しく続けるFX会社

お得なキャンペーンと楽しいイベントが盛りだくさん
ヒロセ通商 LIONFX

業界最多クラスの50種類の通貨ペアに対応しているので、FX上級者や外貨預金代わりの長期トレーダーには必須のFX口座となっています。

低コスト、高スワップ、通貨ペア対応、充実の情報提供サービス、専用のスマホアプリ完備など、非の打ち所がありません。

さらに、資金の少ないFX初心者に嬉しい1000通貨からの小規模取引に対応しているので、当サイトが推奨する「レバレッジワン活用」に最も適したFX会社でもあります。

新規口座開設のキャッシュバックだけではなく、取引高がぞろ目になると豪華な食品がもらえたり、賞金がかかったトレードバトルなど、お得なキャンペーンや楽しいイベントがここまで盛りだくさんなFX会社は他にはありません。

いま最も勢いのあるFX会社のひとつです。


詳しくはこちらをクリック!
>>ヒロセ通商 LIONFX 公式ページ