FXで失敗して…
非常に後悔している  後悔している  どちらでもない  続けたい  まだまだ続けたい

性別… 男性

年齢… 29歳

お持ちのFX口座… SBI FXトレード

FX口座開設の決め手となった情報源… 比較・ランキングサイト

取引している通貨ペア… 米ドル/円、ユーロ/円

参考にする指標・分析… 各国政策金利、為替相場

参考にする情報源… FX会社のホームページ

FX経験年数… 1年で終了

やめた理由… 余りにも損失が大きくなってしまったためです。

損失額… 300万円

何の根拠もない自信に押されてはじめたFX

私がFXに出会ったのは学生時代です。当時の私はお金の使い方が非常に荒く、持っているお金は酒・ギャンブル・女のどれかに消えていました…。バイト生活をして得た給料をどうにかして増やしたいと思っていたのは、抑えきれない物欲のせいでしょうか…。

そんなときに書店に行くとついつい見てしまうのが、「FXをはじめて1年間で○千万稼いだ!」というような書物です。私はこのときにはまだ「FXは難しそう… 自分には絶対にできない」と思っていました。

ときを同じくして、たまたまFXをやっているという方に出会いました。それは先輩の友人で、この出会いが私のFX生活のはじまりでした。身近で金融投資をやっている人がいるという安心感から、自分にもできるかもしれないという何の根拠もない自信に満ち溢れていたと、今になって客観的に感じています。

スタートこそ先輩の友人に手ほどきを受けましたが、初心者に毛が生えたような知識しか教えてもらえず、ロウソク足の見方やチャートの追い方、勝負をかけるとき、損切りなど、独学で学びました。

今考えると、ここがやめどきだった

当時、たいした貯金も持っておらず、少ない資金でのスタートでしたが、こつこつ小銭を拾いながら、少しずつではありますが、着実に利益を出していきました。と言っても、一か月のお小遣いが数万円増える程度でした。今振り返ると、この辺りが最大のやめどきだったのかもしれません。

後日、先輩の友人と話をする機会があり、私のやり方を聞かれたので教えると、「元手がなければ投資にならない。そんなやり方ならバイトを増やした方がまし。証券会社に手数料を運びに行っているだけだ」と厳しいお言葉を頂戴しました。

ついに手を出してしまった定期預金

この辺りから、小銭を稼ぐスタイルから大金を掘り当てるスタイルに変わってしまったんだと思います。負けず嫌いの性格もあり、先輩の友人に負けたくない、ギャフンと言わせたいという気持ちが沸々と湧いてしまったのです。

私は元手を増やすために、自分の親が自分のために貯めておいてくれていた定期預金に手を出しました。100万円ぐらい1か月で倍にできると思っていたからです。

そしていざ、100万円の元手を使い、証拠金を差し入れ、スプレッドをきかせてやってみたのです。

人間欲に目が眩んだ時点で終わりですね。あっという間に100万円を失いました。今まで培った経験値や投資感等というものは、保守的思考に押しつぶされ、損切りすべきところでもたもたしている間に冷静さを一瞬で吹き飛ばされてしまいました。

赤字額が1千万の大台に乗らなかっただけましかもしれないと思うことが唯一の救いでしょうか…。

インターネット上では、空いた時間で手軽に稼ぐなどと謳っているサイトを見かけますが、そんな方法はどこにもありません。私はFXという魔力に憑りつかれてしまった期間をひどく後悔しています。できることなら、お金も時間も返して欲しいです。

FX会社の選び方

テレビCMでもお馴染み!楽しく続けるFX会社

お得なキャンペーンと楽しいイベントが盛りだくさん
ヒロセ通商 LIONFX

業界最多クラスの50種類の通貨ペアに対応しているので、FX上級者や外貨預金代わりの長期トレーダーには必須のFX口座となっています。

低コスト、高スワップ、通貨ペア対応、充実の情報提供サービス、専用のスマホアプリ完備など、非の打ち所がありません。

さらに、資金の少ないFX初心者に嬉しい1000通貨からの小規模取引に対応しているので、当サイトが推奨する「レバレッジワン活用」に最も適したFX会社でもあります。

新規口座開設のキャッシュバックだけではなく、取引高がぞろ目になると豪華な食品がもらえたり、賞金がかかったトレードバトルなど、お得なキャンペーンや楽しいイベントがここまで盛りだくさんなFX会社は他にはありません。

いま最も勢いのあるFX会社のひとつです。


詳しくはこちらをクリック!
>>ヒロセ通商 LIONFX 公式ページ

FXと恋愛に翻弄され70万円を失った女性の失敗談 >>
彼女とラブホテル中にFXで300万円損失した体験談 >>
アベノミクスの悲劇で150万円の損失をFXで出した失敗談 >>