FXで失敗して…
非常に後悔している  後悔している  どちらでもない  続けたい  まだまだ続けたい

性別… 男性

年齢… 26歳

お持ちのFX口座… SBI FXトレード、Xemarkets

FX口座開設の決め手となった情報源… 企業のホームページ

取引している通貨ペア… 米ドル/円

参考にする指標・分析… 移動平均線、トレンドライン

参考にする情報源… FX会社のホームページ

FX経験年数… 1年半+継続中

継続している理由… 大儲けできる見込みがあるから

損失額… 10万円

安倍政権誕生とともにはじめたFX

私がFXをはじめたのは、2012年の12月頃でちょうど安部政権が誕生し、アベノミクスによる期待が高まり、70円台で推移していたドル円がレンジを抜けて上向きになっているところでした。安部総理と意見の近いエコノミストは、ドル円は100円を目指すと予測していたので、これは大きく儲けるチャンスだとFXに参戦しました。

参戦したといってもお金はなく、1万円からのスタートでしたが、SBI FXトレードというFX業者は少ない金額からでも取引することができ大変重宝しました。そんな中、私が選んだ通貨はドル円でした。ドル円が少し上昇したら買いから入り、30~50銭程度の利益が出たら利食う、ということを繰り返す取引をしていました。そして、思惑に反して逆行したときは更に買いを重ねていくという、ナンピンをしていました。

しかし、ナンピンをする代わりにポジション管理は徹底し、ポジションは小さく取るように心掛けていました。大体1000通貨でポジションを取り、1000通貨の場合、3円逆行しても3,000円の含み損にしかならないのでナンピンしても強制ロスカットの憂き目に会わずに済み、12月から翌年7月までで1万円が2.5万円にまで増えました。

高レバレッジ目当てに海外の業者と取引

これに味をしめた私は、もっと大きな取引をしようと海外FX業者のXemarketsで取引をはじめました。海外の業者はスプレッドが広く、スキャルピングには不利ですが、400倍以上の高レバレッジや入金ボーナスがあり、非常に魅力的でした。ここでも私はドル円の買いから入り、少し上がったら利食い、下がったらナンピンというやり方で利益を出していました。よくナンピンはご法度であると言われますが、ポジション管理を徹底していれば問題ないどころか、含み損の期間を耐えることができれば資産を確実に増やすことができます。そうして年末の円安の時期にかけて利益は15万にまで積み上がりました。

と、ここまでは良かったのですが、2014年1月に、105円から100円台後半まで下げる相場の中、私は一万通貨単位という大きなポジションをとってナンピンしてしまい、今までの利益をすべて吐き出してしまいました。100円台程度の円高は想定内でポジション管理を徹底しているつもりでしたが、もう少し大きな利益が欲しいと欲をかいてしまったことが失敗の原因だと思います。

そして、現在ドル円は101円前後で推移しており、膠着状態が続いていますが、たった一度の失敗にめげることなくチャンスがあればガンガン攻めていきたいと思います。

FX会社の選び方

テレビCMでもお馴染み!楽しく続けるFX会社

お得なキャンペーンと楽しいイベントが盛りだくさん
ヒロセ通商 LIONFX

業界最多クラスの50種類の通貨ペアに対応しているので、FX上級者や外貨預金代わりの長期トレーダーには必須のFX口座となっています。

低コスト、高スワップ、通貨ペア対応、充実の情報提供サービス、専用のスマホアプリ完備など、非の打ち所がありません。

さらに、資金の少ないFX初心者に嬉しい1000通貨からの小規模取引に対応しているので、当サイトが推奨する「レバレッジワン活用」に最も適したFX会社でもあります。

新規口座開設のキャッシュバックだけではなく、取引高がぞろ目になると豪華な食品がもらえたり、賞金がかかったトレードバトルなど、お得なキャンペーンや楽しいイベントがここまで盛りだくさんなFX会社は他にはありません。

いま最も勢いのあるFX会社のひとつです。


詳しくはこちらをクリック!
>>ヒロセ通商 LIONFX 公式ページ