FXで失敗して…
非常に後悔している  後悔している  どちらでもない  続けたい  まだまだ続けたい

性別… 男性

年齢… 34歳

お持ちのFX口座… ヒロセ通商、PLANEX TRADE.COM

FX口座開設の決め手となった情報源… 知人の紹介

取引している通貨ペア… 豪ドル/円(当時) 現在は米ドル/円、ユーロ/ドル、ポンド/ドル)

参考にする指標・分析… 当時はなし。現在はトレンドライン、RSIなどのテクニカル分析)

参考にする情報源… FX会社のホームページ

FX経験年数… 7年+継続中

継続している理由… チャートを眺め、レートの変化を見るのが好きだから(現在は少額のデイトレードで続けています)

損失額… 約180万円

知人の一言が深みにハマるきっかけに…

知人の一人がFXにはまっていて、色々と話をしてくれたのですが、その中でも興味を持った一言が、「給料の一部で豪ドル/円を買い増しています。スワップポイントというのがあって、今は1日に1,000円近くもらってます。定期金利よりも遥かに稼げますよ。」という言葉でした。当時は豪ドル/円のスワップは1万通貨に150円近くあり、5万円近くの証拠金に対して1日0.3%もの利益が入る計算でした。

その頃、私はちょうど資産運用を勉強していたばかりで、長期運用で投資信託を購入していましたが、どうも運用成績が伸び悩んでおり、解約を検討していたところでした。私は資産の約半分、100万円を換金し、豪ドル/円を試しに3万通貨購入しました。その後は毎月の給料の1割程度をFX口座に入金し、証拠金が10万円貯まれば1万通貨ずつ豪ドル/円を買うようにして、ポジションを積み増しました。

1日に1,500円近くのスワップが入っていたが…

2007年は俗に「いざなみ景気」と呼ばれる円安相場が続いており、スワップだけでなく為替差益だけでも充分な利益が出ていました。ポジションは最大で10万通貨建てていましたので、1日に1,500円近くのスワップが入り、ホクホクとしていたものでした。

ところが2008年になるとサブプライム問題が深刻化し、雲行きが少しずつ怪しくなってきます。107円をピークに値動きが激しくなり、ポジションの含み損が一時的に出たこともありましたが、その頃は証拠金を300万以上準備していたので、まだ耐えられる範囲内でした。

しかし、9月にリーマンショックが発生すると一気に円高が進み、豪ドル/円も80円、70円と下落が止まらなくなります。数十万単位の含み損にはさすがに精神的に耐えられなくなり、様子を見ながら徐々に豪ドルのポジションを決済することにしました。

最終的には300万近くあった証拠金が半分近くの130万円になり、70万近くあったスワップの利益も軽く吹き飛ぶ結果になりました。

それでもやめられないFX

しかし、豪ドル/円は55円を底に、現在は100円台をつけるまでに回復しています。現在は少額でデイトレードのスタイルに変えて細々と続けていますが、月足のチャートを眺めながら、もしあの頃、懲りずに豪ドル/円を買い増していたら… と思うことがあります。スワップは落ちたとはいえ、未だに100円弱あります。それだけでなく、ドルコスト平均法でポジションの含み益も膨らんでいたはずです。

スワップ運用に必要なことは、100万近い含み損を抱えながらも豪ドル/円を買えるような愚直さと鈍感さであり、私にはそれを持ち合わせていないことを悟りました。

FX会社の選び方

テレビCMでもお馴染み!楽しく続けるFX会社

お得なキャンペーンと楽しいイベントが盛りだくさん
ヒロセ通商 LIONFX

業界最多クラスの50種類の通貨ペアに対応しているので、FX上級者や外貨預金代わりの長期トレーダーには必須のFX口座となっています。

低コスト、高スワップ、通貨ペア対応、充実の情報提供サービス、専用のスマホアプリ完備など、非の打ち所がありません。

さらに、資金の少ないFX初心者に嬉しい1000通貨からの小規模取引に対応しているので、当サイトが推奨する「レバレッジワン活用」に最も適したFX会社でもあります。

新規口座開設のキャッシュバックだけではなく、取引高がぞろ目になると豪華な食品がもらえたり、賞金がかかったトレードバトルなど、お得なキャンペーンや楽しいイベントがここまで盛りだくさんなFX会社は他にはありません。

いま最も勢いのあるFX会社のひとつです。


詳しくはこちらをクリック!
>>ヒロセ通商 LIONFX 公式ページ