トップページ − 現在のページ

FX確定申告と節税対策

FXで利益が出たら確定申告しましょう!

FXで確定申告をしなければならない人はどんな人でしょうか?

国税庁の報道発表資料(プレスリリース)「平成22事務年度における所得税及び消費税調査等の状況について」によると、インターネット取引を行なっている人に対する実地調査の調査件数は、合計2,465件に上がったそうです!これは、前年度の2,381件を上回っていますので、FXなどのインターネット取引での税務調査に対する強化がうかがえます。

税務調査に伴う、申告漏れ所得金額の総額は312億円で、前年度の263億円を大きく上回っています。申告漏れ所得金額を実地調査の調査件数で割った、1件あたりの申告漏れ所得金額は1,268万円!こちらも前年度の1,106万円よりも増加しています。

投資環境が厳しいと言われている中で、FX(外国為替証拠金取引)などのインターネット取引で儲けた人がたくさんいたということなんですが、それだけではなく、税務署が今、個人のFXトレーダーに対して、かなり税務調査を強化しているからなんです。

悪質な脱税になると、逮捕・起訴されることもあります。4億円の利益を申告しなかったあの有名な主婦や、10億円の利益を申告しなかった89歳の男性は、実際に起訴されました。また、3億円の利益を申告しなかった元小学校校長は、和歌山地裁起訴され、「店頭でのFXによる利益が国税当局に把握されにくいことを利用するなど巧妙で悪質」と、懲役1年6月、執行猶予4年、罰金3,200万円の判決を言い渡されました。

平成23年度の査察の概要によると、脱税で告発され、平成23年度中に一審判決があったものは150件ありましたが、全てについて有罪判決が出され、実刑判決が9人に出されました。出された実刑判決のうち、最も重いものは懲役2年6か月でした。ちなみに、平成21年度から3年連続で有罪率は100%です(;´∀`)

この件数はFX(外国為替証拠金取引)だけの脱税ではありませんが、脱税事犯で起訴されれば有罪率100%ですし、犯罪行為ですから、脱税しようなどと思わず利益が出たらしっかり税金を納めましょう!きちんと確定申告をして税金を納めることが1番の節税対策になるんです!

とは言っても、せっかくリスクを取って、ギリギリで儲けたお金を、ガッポリ税金に取られてしまっては、かなりツライです(T_T) なので、少しでも納める税金の額を減らしたいところです。

このFX税金対策では、FX(外国為替証拠金取引)で利益が出てしまったときに、少しでも納める税金の額を減らす方法をご紹介します。

脱サラ会会長がオススメするFX業者

DMM.com証券
全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッド!
スマホから取引するだけで"もれなく"1,000円もらえるキャンペーン実施中!
>> DMM.com証券の公式サイトはこちら

いくら利益が出たら確定申告するの?

FXで年間20万円より多く稼いだら、確定申告をしないといけません。

つまり、2011年1月1日〜2011年12月31日に、FXで得た利益が20万円を超える人は、確定申告をする必要があります。

ただし、FXでの利益が20万円を超えていなくても、下記の人は確定申告をしないといけません。

◆年間の給与収入が2000万円を超える人
◆給与を一つの会社からもらっていて、給与所得や退職所得以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える人
◆給与を二つ以上の会社からもらっていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と給与所得や退職以外の各種の所得金額の合計額が20万円を超える人
◆同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与の他に、貸付金の利子や店舗などの賃貸料などの支払いを受けた人
◆災害減免法により、源泉徴収税額の徴収猶予や還付を受けた人
◆外国の在日公館に勤務する人で、給与の支払いを受ける際に所得税を源泉徴収されないこととなっている人

上記の6つに当てはまる人は、確定申告をしなければなりません。

ですので、年収が2000万円以下で、給与収入以外に収入がない方は、基本的に確定申告の必要がありません。つまり、ほとんどの方が、FXの利益が20万円以下ならば、確定申告をする必要がありません

◆に当てはまった方は、確定申告をする必要があるかもしれません。
詳しくは、国税庁のタックスアンサー No.1900をご覧ください。
■>>サラリーマンで確定申告が必要な人

ただ、多額の医療費を払った方など、確定申告すると税金が還付される場合もありますので、特別な支出が多い方は、wikipediaでご確認ください。
■>>確定申告を行うと税金が戻る場合

そう、つまり一般的なサラリーマンの方は、確定申告の必要がありません。すなわち、FX(外国為替証拠金取引)で利益が出たとしても確定申告が必要ないので、結果的に税金を納めなくてもよいのです。しかし、けっして税金が免除されたわけではなく、もちろんあえて確定申告をして、税金を払ってもOKです(笑)

FX(外国為替証拠金取引)の所得は雑所得というものに分類されます。そうなると給与所得以外の所得となりますので、FXでの利益が20万円を超えると、◆2に当てはまるので、確定申告をしないといけないのです!

つまり、2011年1月1日〜2011年12月31日の間に、FXで得た利益が20万円を超えた場合は、確定申告が必要です。

具体例でいけば、2011年1月23日に決済をして100万円の利益が確定。2011年6月2日に決済をして50万円の損が確定。2011年12月21日に決済をして30万円の損が確定という場合は

100万円−50万円−30万円=20万円の利益となり、確定申告の必要はありません。

2011年1月23日に決済をして100万円の利益が確定。2011年6月2日に決済をして50万円の損が確定。2007年12月21日に決済をして30万円の利益が確定という場合は、

100万円−50万円+30万円=80万円の利益となり、確定申告の必要があります。

脱サラ会会長がオススメするFX業者

DMM.com証券
全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッド!
スマホから取引するだけで"もれなく"1,000円もらえるキャンペーン実施中!
>> DMM.com証券の公式サイトはこちら

損益通算できるものは何?

同じ種類のものであれば、できます。

つまり、FXを何社かで取引していた場合、A社での年間損益は+20万円、B社での年間損益は−10万円、C社での年間損益は−10万円と言う場合、合計して(+20万)+(−10万円)+(−10万円)で、所得は0円になります。

しかし、違う種類の雑所得を合算することはできません。例えば、同じ年に原稿料+3万円、副業の収益+100万円、FXの収益−103万円だったとしても、所得は0円とならず、原稿料+3万円と副業の収益+100万円に税金はかかります。

すなわち、確定申告が必要となります。

含み益には税金がかかる?

さて、ここで問題になるのが、決済していない利益と損失です。一般的に含み益と含み損といわれるモノです。

例えば、2011年1月23日にドル円を買って、2011年12月31日時点で決済はしていないが、含み益が100万円ある場合などです。

こういう場合は、どうなるのか?

このような場合は、各業者によって取扱が違うんです。この含み益については、業者によって以下の三つのパターンに分かれます。

1.スワップ金利だけ課税対象になる。
2.スワップ金利はもちろん、為替差益も課税対象になる。
3.スワップ金利も為替差益も課税対象にならない。

FX業者のなかには、日々ポジションを決済して、また新たに新規のポジションを立てている(これをロールオーバーといいますが)業者があります。このロールオーバーの取扱によって、三つのタイプに分かれます。

ロールオーバーで「為替差益もスワップも日々確定している」という業者は、2のスワップ金利はもちろん、為替差益も課税対象になる、ということになります。

ロールオーバーで「為替差益は確定していないが、スワップ金利は毎日確定させている」という業者は、1のスワップ金利だけ課税対象になる、ということになります。

うちは、「為替差益も、スワップ金利も確定させていない」という業者は、3のスワップ金利も為替差益も課税対象にならない、ということになります。

ですので、ご自分の使っている業者がどようなタイプなのか、お調べください。

ただし、業者が「3のスワップ金利も為替差益も確定させていない」と言っていたとしても、税務署が「いや、それは確定利益だよ!」と言えば、確定利益になってしまいます。なので、この辺は微妙です・・・ FXは最近流行りだした取引なので、税の整備がまだ整っていないのです。こういうときに、一番困るのは個人投資家ですね。「ちゃんと決めてくれよ!」と言いたくなります(;一_一)

脱サラ会会長がオススメするFX業者

DMM.com証券
全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッド!
スマホから取引するだけで"もれなく"1,000円もらえるキャンペーン実施中!
>> DMM.com証券の公式サイトはこちら

税金は利益の何%取られる?

さて、では2011年に実際にFX(外国為替証拠金取引)の確定利益が100万出てしまった場合、いったいどれくらいの税金を払わないといけないのでしょうか?

これは、その人の年間給料所得によって異なってきます。

年間の所得が、

195万円以下の方は、所得税5%+住民税*10%=15%
195万円超〜330万円以下の方は、所得税10%+住民税10%=20%
330万円超〜695万円以下の方は、所得税20%+住民税10%=30%
695万円超〜900万円以下の方は、 所得税23%+住民税10%=33%
900万円超〜1,800万円以下の方は、所得税33%+住民税10%=43%
1,800万円超の方は、 所得税40%+住民税10%=50%

*住民税の内訳は、市町村民税一律6%+都道府県民税一律4%です。

(ちなみに、年間所得が2000万円の人は、2000万円×40%(所得税税率)−279万6000円(控除)=520万4000円 +2000万円×10%(住民税税率)=200万円 になるので、合計720万4000円の税金を納めます。ですので、実質の税率でいうと36.02%です。)

年間所得が2000万円の人が、さらにFXで100万円の利益を出した場合は、所得税40%+住民税10%=50%の税率が適用されるので、税金は50万円取られます。

給料所得の税金720万4000円+FXの利益に対する税金50万円=合計770万円4000円です。

所得が900万円超〜1,800万円以下の方は43万円が税金、695万円超〜900万円以下の方は33万円が税金、330万円超〜695万円以下の人は30万円が税金、95万円超〜330万円以下の人は20万円が税金です。

ちなみにここでいう所得とは、「給料の総額」のことではなく、「所得」といわれるものです。この所得は、給料収入から、基礎控除や扶養控除、社会保険などを差し引いた額のことをいいます。そして、この所得が課税対象になる金額です。

あっ、それから給料所得が300万円で、FX(外国為替証拠金取引)の利益が1700万円あれば、当然年間の所得は2000万円となり、税率は所得税40%−控除額279万6000円 +住民税10%(市町村民税一律6%+都道府県民税一律4%)となります。

なんてこったい。利益の50%、つまり半分が税金に・・・

せっかくリスクを取って、ギリギリで儲けたお金を、ガッポリ税金に取られてしまっては、かなりツライです(T_T) なので、少しでも納める税金の額を減らして節税対策したいところです。

これまで、いろいろ手を尽くして節税対策をしてきましたが、なんと、2012年1月からは自然に節税になっちゃうんです!

その理由は、税率が一律20%の「申告分離課税」に変わるからです!

これまでは、所得が大きければ大きいほど高い税率となっていた「総合課税」から「申告分離課税」に変わると、大きく分けて3つの特徴があります。

1.申告分離課税で税率は一律20%!
2.取引所先物取引等と損益通算が可能!
3.損失の繰越控除が3年間可能!

これまでは1800万円以上の利益を出すと50%、つまり半分が税金として取られていましたが、今回の改正によって2012年1月以降に発生したFXの利益は他の所得とは区別して計算され、税率は所得金額に関わらず、利益に対して一律20%(所得税15%、住民税5%)となります。

つまり年間の所得が、

195万円以下の方も、所得税15%+住民税5%=20%
195万円超〜330万円以下の方も、所得税15%+住民税5%=20%
330万円超〜695万円以下の方も、所得税15%+住民税5%=20%
695万円超〜900万円以下の方も、所得税15%+住民税5%=20%
900万円超〜1,800万円以下の方も、所得税15%+住民税5%=20%
1,800万円超の方も、所得税15%+住民税5%=20%

になるということです!

税率

また、損益通算することで、他の取引所先物取引等(FXや金、原油などの商品先物取引、日経225など)で利益が発生している場合は、店頭FXで出た損失を控除できるようになります。もちろん、その逆もOKです。

例えば、店頭FXで100万円の利益、他の取引所先物取引等で30万円の損失があった場合、

【改正前】損益通算できないので、課税対象金額は100万円!

【改正後】損益通算できるので、課税対象金額は100万円−30万円=70万円!

FXだけでなく、先物取引もやっている方にも朗報です!

損益通算

こう書くと、確定申告をたほうがお得になるのはたくさん利益を出している人だけのように見えますが、そうではないんです!

今回の改正は、なんと、FXで損失を出している人にもいいことがあるんですよヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

損益通算をしてもまだ損失が残っている場合は、確定申告をしておけば翌年以降3年間に渡って、店頭FX(外国為替証拠金取引)や他の取引所先物取引等で発生した利益から損失額を控除することができます。

例えば、2012年に100万円の損失を出して確定申告しておくと、2013年に20万円の利益を出しても課税対象額は0円、2014年に40万円の利益を出しても課税対象額は0円、2015年に50万円の利益を出しても、課税対象額は10万円に抑えられます。

損失の繰越

なので、損失の控除を受けたい人は必ず継続的に確定申告をしてくださいね☆

脱サラ会会長がオススメするFX業者

DMM.com証券
全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッド!
スマホから取引するだけで"もれなく"1,000円もらえるキャンペーン実施中!
>> DMM.com証券の公式サイトはこちら

FXの利益を節税する方法はないの?

FX(外国為替証拠金取引)の利益を節税する方法はあります。その一つが必要経費というものです。FX(外国為替証拠金取引)での利益が100万円出たけれども、FX(外国為替証拠金取引)の利益を出すために、10万円の投資セミナーに行った場合、これは当然必要経費になりますので、100万円−10万円で90万円に税金がかかります。

また、他にも書籍パソコンインターネット回線などが経費として考えられます。しかし、インターネット回線などは、FX(外国為替証拠金取引)のためにどれくらい使っているかの割合分しか経費になりません。

つまり、普段はほとんどネットゲームをしていて、FX投資をするのはインターネットを見ている全体の10%程度ということならば、経費は総インターネット回線費の10%になってしまします。

家賃も、FX(外国為替証拠金取引)専用に借りている部屋があれば全額認められますし、一室を使ってトレードしている場合などは一部が認められるでしょう。

なので、FX(外国為替証拠金取引)専用のパソコンとインターネット回線を使っているということであれば全額経費として認められます

このようにして、必要経費をなるべく多く申告するのが節税対策の一つの方法です。

ただし、FXの利益が30万円で、経費が30万円かかったと思っている方も、確定申告はしなければいけません。とにかく、FXの利益が20万円を超えてしまったら、確定申告が必要になります。そして、その確定申告の中で、利益30万円−経費30万円=所得0円ということが確定されれば、税金を払う必要はなくなります。

効果的なFXの節税方法

効果的なFXの節税対策なんて、そんなのあるわけな・・・もちろん、あるんです!それはくりっく365でFXをやることです。

というより、FX(外国為替証拠金取引)をやる以上、私的にはくりっく365でやらない意味がちょっとわかりません。くりっく365ならば、利益がどれだけ出たとしても、税率は20%です。

年収2000万円以上あろうが、FXの利益に対する税率は20%です。つまり、年収2000万円の方が、FXで100万円の利益が出たとしても、20万円の税金で済みます

もし仮に、あの主婦のようにFXで4億円儲けたとしても、くりっく365なら8000万円の税金で済みます。逆に、FX(非くりっく365)なら、2億円の税金です。

最高の節税対策だと思いませんか?あなたは、どっちがいいですか??(^_^;)

ただし、税制面で明らかに得だと言えるのは2011年までです。2012年からは、先ほども書いたように「申告分離課税」になりますから、くりっく365をやることで節税になるとは言い切れません。くりっく365の方が安全性といった意味では店頭FXよりも優れてはいるんですけどね(´∀`;)

現在のFXの税制・税率は税の不備

はっきり言って、これは税制の不備ですね。株式投資や商品先物は、税率が分離課税の一律20%なのに、FX(外国為替証拠金取引)だけが分離課税じゃないのはおかしいです。同じ様に一律20%にするべきです。。FX(外国為替証拠金取引)だけ違うのはおかしいです!!

と、おかしい!と言って、20%の税金しか納めなかったら捕まってしまうので、ご注意を(^_^;)

なので、FXの税率が20%になるまでは、「くりっく365」で取引したほうがいいです。さらに、くりっく365だと、損失を繰り越したり、損益通算ができます

脱サラ会会長がオススメするFX業者

DMM.com証券
全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッド!
スマホから取引するだけで"もれなく"1,000円もらえるキャンペーン実施中!
>> DMM.com証券の公式サイトはこちら

FXで利益が20万円以上出そうなら・・・

ということで、年間20万円以上FX(外国為替証拠金取引)で儲かりそうな人は、早めにくりっく365での取引に変えて、節税対策をしましょう。

2012年1月から、FX(外国為替証拠金取引)も税率が一律20%の「申告分離課税」に変わったら、どうしたらいいのでしょう?

2012年1月以降はどうしたらいいの?

店頭FXなら、くりっく365より取扱通貨も多くて楽しそうだし、24時間トレードできるし、取引手数料も無料のところがほとんどなんだから、そっちで取引するに決まってるじゃないかー!という方がほとんどですよね(笑)

税制面での優遇感がなくなってしまった、くりっく365ですが、それでもやっぱり店頭FXよりも優れている点はあるんです。それは、安全性です。

全財産をFXに賭けるなんて人はいないにしても、それなりにまとまった金額を投資に回しているという人は多いはずです。もしも、自分が使っているFX業者が破綻してしまったら…困りますよね( ;∀;)

くりっく365は法律に基づいて厳しい基準をクリアしなければ取引所市場に参加できない仕組みになっています。取引相手は全て取引所ということになりますので、FX業者の破綻を意識する必要はありません。

それでもやっぱり、FX(外国為替証拠金取引)の取扱通貨の多さや手数料が無料なのが魅力的ヾ(*´∀`*)ノ

そうですよね(^^;)

だったら、信頼できるFX業者でトレードしてください!

信頼できるFX業者を選ぶポイントは、

1.上場企業である
2.自己資本比率が高い
3.信託保全状況

以上の観点から、私がオススメするのはこのFX業者です!

脱サラ会会長がオススメする4つのFX業者

1. DMM.com証券
全20通貨ペア業界最狭水準のスプレッド!
スマホから取引するだけで"もれなく"1,000円もらえるキャンペーン実施中!
>> DMM.com証券の公式サイトはこちら

2. SBI FXトレード
スプレッド幅業界最狭水準!米ドル/円 原則固定0.27銭
口座開設 + 期間中にログインするだけで500円もらえる!
なんと1ドルから取引可能!
>> SBI FXトレードの公式サイトはこちら

3. GMOクリック証券
とにかくスプレッドが低い!14通貨ペアすべて驚きの低スプレッド
>> GMOクリック証券の公式サイトはこちら

4. YJFX!
ヤフーグループだから安心!手数料0円!
>> YJFX!の公式サイトはこちら